• ホーム
  • イベント特集
  • ランチ特集
  • 1店1品特集
  • 店舗一覧
  • 街ぶらガイド
  • てっ!?
  • しっとけし

VISUAL LITERACY's Flickr

バーコードで簡単アクセス
ご当地アイドル 活動期間は1年間!アイドルになって輝きたい人募集!

イベント特集

ミス歴女コンテスト

歴史好き、山梨好き、集まれ

山梨が大好きな“歴女(れきじょ)”を御旗に、歴史深い山梨の魅力をPRしながら地域を元気にしていこう――。11月20日(土)に開催された「ミス歴女コンテスト」はそんな風に、山梨の魅力を歴史というファクターにつつんで発信していこうという新しい地域活性化プロジェクトのひとつです。翌日に開催された「風林火山歴史ウォーク」の関連イベントとして行われたこのコンテストには、初めての開催にも関わらず多数の応募がありました

  • コンテスト会場の様子

    コンテスト会場の様子

  • 出場者の皆さん

    出場者の皆さん

あなたならどんなPRを?

当日は東京や茨城の牛久など、県内外からの出場者を含めて総勢16名の歴女が勢ぞろい。「おもてなしの心を持っていただいき、山梨の観光大使という気持ちを持ちながら明日の歴史ウォークにいらっしゃる大勢の方々に接していただきたいと思います」(風林火山歴史ウォーク実行委員会委員長 上原伊三夫氏)。そんな挨拶とともに甲府市北口のワイナリー「サドヤ」でスタートした最終審査では候補者たちがそれぞれ、ふるさとに対する想いや憧れ、そして歴史自慢を披露してくれました。

和やかな雰囲気のなかで行われた最終審査では歴女16名による自己紹介ののち、歴女コンテストらしいユニークなQ&Aも続きます。6名の審査委員から「自分が戦国武将に生まれ変わるとしたら誰?」、「山梨の史跡で特にPRしたいところは?」といった歴史に関するものだけではなく、「たとえば山梨のワインをどんな風にアピールする?」、「グランプリになったら山梨の何を伝えていきたい?」、「あまり有名ではないけれど、ぜひお勧めしたい県内観光スポットは?」といった質問も飛び出すと、どの候補者も負けじと歴女ぶりを発揮。持ち前の知識や明るさで個性豊かな地元PR合戦を繰り広げていきました。

  • 最終審査の様子

    最終審査の様子

  • それぞれ歴史や郷土の知識を披露

    それぞれ歴史や郷土の知識を披露

「山梨の良さをアピールしていきたい」

約1時間にわたる審査を経て、「皆様それぞれレベルが高くてなかなか決まらず、喧々諤々の議論を重ねて(笑)決めさせていただきました」(審査委員長 松本順丈氏)という審査結果が発表。晴れてグランプリ(賞金10万円と副賞)1名、準グランプリ(賞金5万円と副賞)、特別賞(賞金3万円と副賞)4名が選ばれる運びとなりました。

見事グランプリに輝いたのは、甲斐市出身で東京都小平市にお住まいの大学生 山本佐保さん。歴史的な衣装に身を包んだり、山梨県の魅力を発信していくといったミス歴女の役割をとても魅力的に感じたそうです。これまで接客のアルバイトをしていたなかで、「自分の知識で人に喜んでいただけるし、仕事を通じて自分自身も新しい発見がある。お客様をご案内する仕事がすごく好きです」とのこと。「あまり知られていないけれども素敵な山梨の観光スポットを紹介するとしたら、どこをどんな風にPRしますか?」という審査員の難題(?)には、ずばり『北斎の見た山梨』。「富嶽百景に登場する絵のなかで、山梨側から見た風景を紹介しながら山梨を知って貰うといったツアーを企画したい」という“粋な”回答をしてくれました。

「名誉ある賞をいただきとにかく信じられないです気持ちです。感動で言葉が出ませんが、これから1年間、山梨の良さを精一杯アピールしていきたいです」(山本さん)。受賞した方々はこれから1年間、甲府市の観光大使としてキャンペーンなどで活躍していきます。

  • 受賞した7人が勢ぞろい

    受賞した7人が勢ぞろい

  • グランプリに輝いた山本佐保さん

    グランプリに輝いた山本佐保さん

受賞者の皆さん

  • 美しい一二単

    美しい一二単

  • グランプリ 山本佐保(やまもと さほ)さん

    グランプリ 山本佐保(やまもと さほ)さん 東京都小平市
    現在通う東京の大学では、それまで当たり前だと思っていた山梨とその他都道府県で文化の違いを知り、驚くこともあったそう。
    「たとえば“かじる”という表現は、山梨の人なら“頭をかじる”と“食べ物を少しかじる”という両方の意味を自然に使い分けるのに、他の都道府県の人に『それ、どういう意味?』と聞かれたり(笑)」

  • 準グランプリ 芦澤優美(あしざわ ゆうみ)さん

    準グランプリ 芦澤優美(あしざわ ゆうみ)さん 甲斐市
    生まれ故郷に恩返しが出来たら嬉しいという芦澤さん。高校を卒業して大学進学で上京したのち、「空気が澄んでいることだったり…、それまでは当たり前に感じていた山梨の自然の豊かにありがたみを感じるようになりました」

  • 準グランプリ 斉木真里奈(さいき まりな)さん

    準グランプリ 斉木真里奈(さいき まりな)さん 上石田
    県外の大学に進学したのち、今年の4月からは再び甲府に戻って働くという斉木さん。戦国武将に生まれ変わるなら武田信玄になりたいそう。準グランプリ受賞には「もう本当にびっくりして…、びっくり過ぎて夢じゃないかと思いました」

  • 特別賞 林あゆ(はやしあゆ)さん

    特別賞 林あゆ(はやしあゆ)さん 甲府市
    大学では地域看護学を専攻する林さん。授業で山梨をいかにPRするかなどについて勉強する「山梨学」を専攻していたことや、旅館アルバイトですでに山梨をアピールしていた実績などとともに「持ち前の笑顔と度胸で(笑)」山梨を良さを発信したいとのこと。

  • 特別賞 大野由加(おおの ゆか)さん

    特別賞 大野由加(おおの ゆか)さん 東京都八王子
    大学進学で上京するも「山梨から抜けることが出来なくて(笑)」東京と山梨を毎週末往復しつつ、「昨日も実家で大好きなかぼちゃほうとうを食べてきました」という大野さん。大学でも山梨をPRするサークル活動に所属しているそうです。

  • 特別賞 井野根加奈(いのね かな)さん

    特別賞 井野根加奈(いのね かな)さん 石和町
    現在働く会社ではかねてから“山梨元気プロジェクト”という地域活性化企画が立ち上げがっていたそう。
    山梨を元気にするコンテストの趣旨と会社の考えも共通していて、「上司に出るよう言われたのですが私で良いのかなと(笑)」と思いつつ、営業職ならではの体力で郷土をPR。

  • 特別賞 本田友里恵(ほんだゆりえ)さん

    特別賞 本田友里恵(ほんだゆりえ)さん 東京都中野区
    高校時代までは山梨で育ち、大学進学とともに上京。そこで改めて地元の良さや家族のありがたみを感じるようになったという本田さん。「好きな戦国武将は?」の質問には「男性らしい温かい人間性が魅力の武田信玄」でした。

  • 十二単(じゅうにひとえ)に包まれた姫君に変身。

    グランプリ、準グランプリに輝いた歴女は十二単(じゅうにひとえ)に包まれた姫君に変身。会場を艶やかに彩ります。



風林火山歴史ウォーク
公式サイト風林火山歴史ウォーク
住所 山梨県甲府市中央1丁目12-37IRIXビル4F
前頁へ戻れし
先頭に行けし