• ホーム
  • イベント特集
  • ランチ特集
  • 1店1品特集
  • 店舗一覧
  • 街ぶらガイド
  • てっ!?
  • しっとけし

VISUAL LITERACY's Flickr

バーコードで簡単アクセス
ご当地アイドル 活動期間は1年間!アイドルになって輝きたい人募集!
イベント特集
2007年 JAZZ STREET

コットンクラブ、アローン、アルフィー、桜座の4会場にて、4アーティストが各3ステージを行う。
ジャズが一斉に街で演奏されたこの夜、ペルメ桜通り周辺はまさに「JAZZ STREET」となった。


会場 参加アーティスト(敬称略) タイムスケジュール
opening act at 桜座 渡辺香津美 electric trio、
渡辺裕之 open port 150、
山本剛トリオ、向井滋春クインテット
全4アーティスト
17:30~18:00
桜座 渡辺香津美 electric trio 1st stage 19:00~
2nd stage 20:30~
3rd stage 22:00~
終了    23:00
コットンクラブ 渡辺裕之 open port 150 1st stage 19:00~
2nd stage 20:30~
3rd stage 22:00~
終了    23:00
アルフィー 山本剛トリオ 1st stage 19:00~
2nd stage 20:30~
3rd stage 22:00~
終了    23:00
アローン 向井滋春クインテット 1st stage 19:00~
2nd stage 20:30~
3rd stage 22:00~
終了    23:00

開演時間になると、4会場で一斉にステージが始まる。入場チケットの代わりにパスポートを首にかけ、4会場、好きなアーティストの所を巡ることができるシステムになっている。なんとも贅沢なイベントで、観客は会場の選択に迷ってしまう。

しかし、一度ステージが始まると、観客は会場を巡回するのも忘れて、ステージが終了するまで見入ってしまう。それほど、ステージは魅力的で心奪われるものだった。

会場はどの時間帯も満員・盛況。立ち見の観客もいる。会場によっては、通路も立ち見の観客でびっしり埋まるところもあった。時間が経つにつれ観客が増えていくようで、1ステージ終わって、撮影のために次の会場へ向かうと会場の外では、観客入替えを待って列をつくる光景も見られたほどである。

4会場はどれも個性的で全く異なる雰囲気、参加アーティストの4組もまた全く異なる演出・演奏スタイルで、どこに行っても退屈しない。さまざまなジャズの魅力を堪能することができた。ステージ終了後、「最高だったね」「良かったね」「すごい」という声が耳に入ってくる。ジャズファンにとっても、ジャズ初体験の人にとっても、まさに最高に贅沢な夜だったに違いない。
JAZZ STREET の幕開けにふさわしい、参加アーティストによる共演。

他では見ることのできない、夢のような組み合わせに、オープニングを見るため桜座に集った観客からは歓喜の声が上がった。

10月2日から始まった、甲府城下町(甲府中心街)の甲府まちなかミュージックフェスタ。

いよいよ、メインイベントにふさわしい最高に贅沢な夜が始まる。
弱冠17才でデビュー作をリリースし、天才ギタリストの出現と騒がれた渡辺香津美氏。

1979年、坂本龍一氏、矢野顕子氏、村上秀一氏等と伝説の「キリンバンド」を結成。同年秋に「イエロー・マジック・オーケストラ」のワールドツアーに参加し、「Kazumi」の名は一躍世界的なものとなった。

その圧倒的な実力と人気で、多くのファンに支持され続けている。

ギタリストとしての活動のみならず音楽文化への貢献など、精力的に活動しつづける渡辺香津美氏が 『 渡辺香津美 electric trio 』 として、グレッグ・リー氏(B)、大槻カルタ英宣氏(DS)と共に、まちなかミュージックフェスタのメインイベントともいえる JAZZ STREET に登場!!

桜座のホールで繰り広げられたステージは、まさに圧巻の一言。
テレビドラマや映画にも数多く出演し、イラストや乗馬、英会話、スクーバダイビング、パラグライダーなどなど、多才なことで有名な渡辺裕之氏。

特技と語る、ドラムの腕前をシンシア氏(Vo)、野本晴美氏(P)、坂井紅介氏(B)と共に、『 渡辺裕之 open port 150 』 としてコットンクラブ のステージで披露。
『 渡辺裕之 open port 150 』 は、JAZZ STREET 出演のアーティストの中で、唯一の女性アーティストが出演。シンシア氏(Crystal Kayの母)と野本晴美氏が本イベントに華を添えた。
高校生の頃、ジャズ・ピアノを独学で習得し、大学在学中の19歳でプロの道へと進んだ山本剛氏。

スケールの大きなブルース・フィーリングとスイングするピアノがファンの注目を集め、「ミスティ」(TBM)が大ヒット、以後レコード各社より数多くのリーダー・アルバム、共演アルバムを発表、人気ピアニストの地位を確立した。

その後も、国内外で活躍を続け、多くのミュージシャンと共演。

TV番組「リュウズ・バー」の音楽を担当するなど各方面で現在も活躍している。

香川裕史氏(B)、井川晃氏(DS)と山本剛氏(P)による 『 山本剛トリオ 』 の演奏が山本氏の絶妙なトークとともに、レストラン・バー・アルフィーの店内に響き渡った。
1975年にスイングジャーナル誌人気投票のトロンボーン部門で1位に選ばれて以来、現在に至るまで首位を独占。人々に愛されつづける日本屈指のトロンボーン奏者、向井滋春氏。

今回 『 向井滋春クインテット 』として、池田篤氏(AS)井上祐一氏(P)畠山芳幸氏(B)小山太郎氏(D)と共に、アローンに登場。
JAZZ STREET 出演のアーティストの中、唯一管楽器によるステージを楽しむことができた。
2本の管楽器(トロンボーン、サックス)とドラム、ベース、ピアノの楽器の5重奏の、重厚な音が耳に、体に響く。
©スイング・ジャーナル社、©TBMレコード株式会社、©株式会社東京放送、©Hilltop Studio Inc.
前頁へ戻れし
先頭に行けし